医療脱毛の痛みへの対処

医療脱毛と聞くと、痛みが多いのではと言った心配の声も良くあります。実際の施術中に痛みを感じるかどうかについては個人差がありますが、全くもって無痛ということはありません。ある程度の痛みは許容するしかないとは言えども、医療機関が何か対処してくれればそれだけで安心の種であると言えるでしょう。では、治療の際にどんな取り組みがなされているでしょうか。

まず、情報に関する共有がなされています。患者さんによって痛みの感じ方や希望する施術方法が異なるのは、極めて当然のことです。それならば、可能な限り患者さんの気持ちに寄り添うことが求められます。どの部位に痛みを感じるのかがスタッフ同士で共有されていれば、患者さんの負担を少なくすることに繋がるでしょう。次に、施術中における施術担当者と患者さんとの間で適切なコミュニケーションをとる方法も欠かせません。照射のときに無言でされては、患者さんとしても困ってしまいます。それよりは、声かけをしながら照射をする方が、安心して施術に臨むことに繋がっていくのです。

こういった工夫を欠かさずすることが、患者さんの満足に繋がっていきます。何気ないことのように見えるかもしれませんが、お互い安心して施術に臨むためには必要不可欠なのです。