レーザー脱毛による脱毛のメカニズム

個人差があるとは言えども、レーザー脱毛を受けることによって何かしらの効果を期待できます。これは熱エネルギーの持つ効果を上手く利用することができるためです。この類のエネルギーは、毛根にダイレクトに働くことができるのですが、その結果これ以上毛が生えないようになります。毛根には毛乳頭と呼ばれているパーツがあり、これが働いているうちは表面的に脱毛をしたとしても、あまり効果は期待できないものです。

では、レーザーが皮膚に当てられると、一体どのような現象が起こると言えるでしょうか。この際、毛が本来持っているメラニン色素が表面上に現れてきます。この色素は熱を蓄積するという特徴があるのですが、皮膚の中にあるメラニン色素が熱と深い関係を持っています。そして更に色素に関して見てみると、規模が大きいか小さいかによって、効果的な脱毛に繋がるかどうかのカギを握るのです。もしメラニン色素そのものが大きい場合は、熱が上昇しにくいと同時に簡単には冷めません。ということは、熱そのものが貯まりやすく、毛根を上手く破壊してくれます。それとは逆に、メラニン色素が小さい場合は、毛根破壊に至るのに時間がかかるのです。

このように、レーザー脱毛の成功を握っているのは、脱毛のメカニズムやメラニン色素の仕組みを理解しておくことなのです。同じ脱毛に臨むのであれば、メラニン色素の量を多くキープしておきましょう。